家族の死亡~四十九日までにやったこと

家族の死亡~四十九日までにやったこと 葬儀体験談

父が突然倒れ、亡くなってから49日までに遺族として行ったことをなるべく詳しく記載します。同じような境遇のかたの参考になれば幸いです。

葬儀は家族葬で執り行いました。

はじめに

2019年1月に突然父が亡くなりました。母と兄弟は健在なので、家族を失ったのは初めての経験です。父は亡くなる数日前までは地域のボランティア活動などにも参加するほど元気でした。

くも膜下出血で突然倒れ、数日間の入院の後、そのまま息を引き取りました。70代でした。これまでほとんど病気もせず元気だったため、こんなに早く亡くなるとは考えてもいませんでした。

そのため、葬儀のことなども考えたこともなく、家族で話し合ったことも一度もありませんでした。ただ、生前、父は母に対して、小さな家族葬な葬式で十分…といったことをTVを見ながら話したことがあるとのことでした。そのため、我々家族は、父の葬儀は家族葬で行うことにしました。

結果的には、家族葬にしてよかったと家族全員で話しています。費用面が安いというのもありますが、それだけではなく、親族だけなので周囲に必要以上に気を使う必要が必要がなかったというのも大きかったです。

葬儀は予備知識もなく全く初めてで突然のことだったので、インターネットで情報を調べたりしましたが、イマイチピンとくる情報がすぐに見つからなかったり、信頼のあるサイトなのかわからないようなサイトがでてきたりで、調べるのに随分と時間を要しました。

そこで、突然の家族の葬式に遭遇した人や葬式の準備をしている人にとって役立つようにこのサイトを作りました(現在も記事を追加中です)。父が亡くなってからやったこと(葬式、49日、仏壇の準備、書類の手続きなど)について詳細を記載しています。

参考にしていただければと思います。

入院(危篤状態)~死亡~葬儀の準備

入院の時点で助かる見込みは少ない状況でした。意識がない状態が数日続いた時点で、『死』を考えるようになり、葬儀社を調べたり、亡くなったときに連絡する人リストを作ったり準備をし始めました。

葬儀社の選び方
現在は多くの人が病院で亡くなるそうです。私の父の場合もやはり病院でなくなりました。父が病院で亡くなったときの状況と葬儀社選びの方法について私たち家族の体験談をお話します。

通夜・告別式

参列者約20名の家族葬を行いました。

家族葬の流れ【実際の体験談】
葬儀社の担当者と病院で初対面をしてから葬儀までの具体的な流れについてお話します。家族の葬儀をだすのは初めてだったので、はじめは何もわからない状態でしたが、葬儀社の人が細かく丁寧に教えてくれたので無事に葬儀を終えることができました。 ...

連絡をしなかった知人への死亡通知連絡

親族や親しかった友人のみが出席した家族葬だったため、それ以外の方への連絡はしていません。そのため、父の死を知らせるはがきを出しました。年賀状のやり取りをしていた人を中心に50名に出しました。

四十九日の準備~法要まで

葬儀が終わったあとは、位牌や仏壇の購入など四十九日の準備に取りかかりました。

四十九日法要の準備~流れ【自宅で家族のみで行った体験談】
葬儀が終わり精神的には一安心しましたが、亡くなってから49日後には四十九日の法要を行う必要があります。四十九日の法要は節目の大切な儀式なので、それまでに仏壇などを準備しておく必要があり、意外と大変でした。結果的には楽天市場でほとん...

各種書類の手続き

葬儀後は保険、年金等の手続きをする必要があります。やることは多いので、優先順位をつけてとりかかりました。

死亡後に遺族がする手続き(相続税・年金・保険・名義変更など)
父が亡くなってから行った書類手続きについて説明します。死後にやることリストをネットで調べると、膨大の量が書かれていて頭が痛くなりますが、とりあえず以下のことをやっておけばなんとかなります。

相続税の計算・申告

現在実施途中

コメント